読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ともにょの うなぎロール

大相撲、カメラ、音楽、旅、暮らしなど。奇数月は 相撲ネタ多め。今期は自治会の隣組長です。

    第69回 福岡国際マラソン選手権大会 沿道で声援をおくる

    スポーツ

    12月6日(日)地元福岡で 福岡国際マラソンが行われました。

    天気は曇り。気温は低め、湿度は若干ありました。

    今年も、皆が大好きな川内優輝選手が出ていました。他に、筑紫野市役所の選手やさいたまの選手、宗像の選手など馴染みのある土地の選手をチェックして応援に行きました。

    今年は平尾交差点付近で応援してきました。

    大会は12:10スタートで、コースマップによれば13:00過ぎには平尾を通過予定だったので、12:40頃から待機しました。

    朝日新聞の旗を配られたので、貰って振りました。←朝日新聞読まないけど、今日だけ特別ね。

    先頭集団には川内選手の姿はなく、エントリーナンバー61番(旭化成)の佐々木選手がいました。高速過ぎてなんのことやら分かりませんでした。応援よりも「わーーーーはやいーーー!!」と叫んでしまいました。

    その後、川内選手を待ちましたが、2つほど遅れての集団ののち、ちょっときつそうな表情での通過でした。このペースだと厳しいかも・・と心配になりました。事前にチェックしていた他の選手については、さいたまの選手以外は確認できませんでした。一気に集団で来たので、見落としてしまったかもしれません。声援を送れずに残念。

    平尾付近はあっという間に規制解除になりました。

    私達が応援していた平尾は コース全体で言うとまだまだ前半の位置になるので、去年まで応援していた千早付近で見るのとは、選手の速さも違いました。折り返し地点に近い千早だとバテている選手が多いのですが、平尾だとものすごいスピードで淡々と駆け抜けていく感じでした。でも、必死に走っている選手を見ると 応援しているこっちも励まされます。選手にとって、私達の声援 少しは励ましになるんでしょうか。そんな立場になったことがないので分からないけど、また来年も応援しに行きたいと思います。