読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ともにょの うなぎロール

大相撲、カメラ、音楽、旅、暮らしなど。奇数月は 相撲ネタ多め。

    2016年 大型連休前の準備、そしてGWといえば・・・

    大型連休前の準備

    今年もやってきます

    ゴールデンウィーク。今年は29日から始まりますね。3月まで勤めていた会社では、毎年当番制で祝日出勤していました。今年はそういうこともありません。逆に言うと、ゴールデンウィークだからといって特別でもありません。なので、いつもどおり過ごすと思います。その前の職場やその前は、逆にゴールデンウィークがかきいれどきだったので、土日祝日は全部出勤でした。そのほかの平日に交替で休みを貰っていました。その頃は、年末年始やゴールデンウィークなんて消えてなくなればいいのにと思ってました(酷い)。接客販売員の方(経営者除く)は、きっとそう思いながら笑顔で頑張ってます。ご苦労様です。痛いほど分かります。

    銀行・行政機関などの窓口の混雑

    さて、GW中は 銀行や窓口がお休みになるのでそこは注意しないといけませんね。事前にお金をおろしたりする人でATMや窓口が混み合うでしょうね。私は、たぶんいつもどおり過ごすので 慌てて駆け込んで大きなお金を動かすようなことはないですが、一応カレンダーを見てみました。今更感 満載でございます。

    f:id:casaranew3:20160424103127j:plain

    f:id:casaranew3:20160424103136j:plain

    ほうほう。4月28日が直前で混みますので、事前にお金を下ろしておこうと思ってらっしゃる方は、25日~27日あたりに行っておくと良いですね。時間外手数料など気にならない方はスルーして下さい^^;

    福岡ではどんたくが催されます

    毎年、5月あたまに博多どんたくが催されます。市民パレードみたいな感じで、観光客が集まります。天神地区や中洲、博多など、交通の要所でもあるので 帰省ラッシュと重なって大混雑です。私は毎年この期間は、天神博多方面への外出は控えています。逆に「パレードは絶対みたい!」という方もおられると思います。知り合いや親戚が出ていたり、気になる団体がパフォーマンスをしたりするならば、そのときは私も行ってみたいですね。

    毎年GWに何をして過ごしていたか

    シフト制で出勤していたとはいえ、休日は毎年どうしてたっけ、と思って過去を振り返ってみました。歴代の手帳や日記に書いていました。われながらマメですね。

    2008年・・・衣替え・部屋の掃除・布団干し・クリーニング出し・写真の整理・テレビでどんたく生中継を鑑賞・東長寺へ福岡大仏見学・トイレ掃除

    2009年・・・同期と食事(同期の住む近所で)

    2010年・・・大牟田へ日帰りで撮影旅行・ハーブの植え替え・美容室

    2011年・・・体調不良で入院していた

    2012年・・・4月末から顔全体に吹き出物、仕事以外はおとなしく過ごす

    2013年・・・潮干狩り・姪と一緒に貝塚公園へ・園芸・散歩

    2014年・・・潮干狩り・ヤドカリを飼育

    2015年・・・潮干狩り・奈多海岸散策・引っ越し直後で部屋片付け・家電量販店めぐり・親戚が訪問

    3年連続で潮干狩りをしていた

    こうやって見てみると、4月に体調を崩しがちで、5月頭はそれを引きずっていたりしますが、ここ数年潮干狩りを楽しんでいます!

    引っ越す前、近場に潮干狩りできる場所があったんです。日に焼けながら、アサリを採っていました。何年も通っているので、初夏の風物詩となりました。今年も行きたいです。大型連休は混むので、できれば本当は連休に入る前に行っておきたかったですね。

    採った貝で料理を楽しむ

    ちょっと手間はかかりますが、帰宅したらアサリの砂抜きをします。暗く静かにしてあげて、海水と同じ濃度の塩水で砂抜きをします。生きてるので、愛着がわいてきます。

    貝を使ってアサリの酒蒸しや、バター醤油、クラムチャウダー、ボンゴレ、貝汁などを作り、初夏を満喫します。採れたては磯の香りが強く、とっても美味しいので、スーパーでアサリを買うことがなくなりました。

     

    あれ?途中から潮干狩りの記事になってしまいましたね!

    ゴールデンウィークは潮干狩りを楽しみましょう。トイレ・駐車場有り無しや潮の干満などを入念に調べてから行きましょうね。帽子・日焼け止め・長靴・バケツ・スコップ(私は熊手タイプよりプラスチックのスコップが使いやすいです。貝が当たった感触が分かりやすい)・タオル・水分補給(必須)・トイレ用ティッシュ(現地に紙がないことも)・ザル・貝を持って帰るための入れ物など

    補足

    潮干狩りとは関係ないですが、デジタルカメラなどの機器の調子も事前に調べておきましょう。カメラのお客様相談センターで働いていたときは「旅行に持ってきたカメラの調子がおかしい、カメラをしばらく使ってなかった、電源が入らない」という方がいらっしゃいました。せっかくのお休みの大事な旅行。事前の作動チェック、してくださいね。