読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

にょ!

大相撲、カメラ、音楽、旅、暮らしなど。奇数月は 相撲ネタ多め。

    虫を除けながら古墳アタック再び。日拝塚古墳、そして 丸ノ口古墳!(福岡県春日市/福岡県那珂川町)

    こんにちは、ともにょです。

    f:id:casaranew3:20160611084945j:plain

    先日、ブログの記事カテゴリーに古墳カテゴリーを追加しました。

    前回のこの記事も古墳カテゴリーに入れました。

    さて今回、晴れのようなくもりのような微妙な天気ですが、紫外線はガンガン。午前中に家事をすべて済ませて 午後から再び丸ノ口古墳へ向かいます。

    途中、下白水南の「日拝塚古墳」に立ち寄ることに。やっぱりここも少し高台になっている住宅街の中にありました。階段があるので登ると・・・

    f:id:casaranew3:20160611084537j:plain

    チラッ

    f:id:casaranew3:20160611084606j:plain

    ぬっ

    f:id:casaranew3:20160611084630j:plain

    古墳あらわる。

    f:id:casaranew3:20160611084654j:plain

    申しぶんない「前方後円墳」です。この看板によれば、古墳の名前の由来は墳丘の主軸がほぼ東西を向いており、彼岸の時期には16km東方にある大根地山(筑紫野市)から昇る太陽を拝めることから「日を拝む塚」として、日拝塚古墳と呼ばれています。だって。へえ~~ 大根地山とか初めて聞きました。
    比較的登りやすい山のようですね。行ってみたい気もするけど、季節的にハチとかヘビとか出る頃だからいまは微妙かな・・・汗
    石室の中も、先に「奴国の丘公園」の事務所に申請すれば 開けて見学させてもらえるそう。

    f:id:casaranew3:20160611084919j:plain

    こんな感じで、古墳の表面を緑が覆っていて、普通に草花がそよ風に揺られている光景が、平和でラピュタっぽい!小さな花を持って肩にキツネリスを乗せた兵士がいそうですね。

    f:id:casaranew3:20160611084945j:plain

    春日市奴国の丘歴史資料館ウェブサイト | 日拝塚古墳

    日拝塚を堪能したあとは、住宅街から下って車道を西に移動。途中のスーパーで飲み物を買い、いざ古墳アタックです。
    自転車を押しながらひたすら登った先は・・・

    f:id:casaranew3:20160611085041j:plain

    f:id:casaranew3:20160611085109j:plain

    丸ノ口古墳公園!

    f:id:casaranew3:20160611085340j:plain

    f:id:casaranew3:20160611085155j:plain

    丸ノ口古墳は那珂川北中学の敷地の境目にあり、敷地内の先生からフェンス越しに挨拶されました。古墳群のエリアはとても見晴らしが良いです。

    f:id:casaranew3:20160611085223j:plain

    古墳エリアからの眺め

    f:id:casaranew3:20160611085304j:plain

    f:id:casaranew3:20160611085557j:plain

    f:id:casaranew3:20160611085714j:plain

    f:id:casaranew3:20160611085744j:plain

    これでもかというくらいに古墳を愛でつつ、なんか蚊のようなハチのようなアブのような虫も飛んでるので、1時間くらいで退散しました。満足です!

     

    これからの季節、古墳アタックには虫除けスプレーと虫刺されのかゆみどめが必要ですね。あと日焼け対策と水分補給。古墳好きの皆さん、頑張りましょう。

    ↓他にこんな記事も書いています。