読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ともにょの うなぎロール

大相撲、カメラ、音楽、旅、暮らしなど。奇数月は 相撲ネタ多め。

    BEHANDLA、合板、マグネットペイントで黒板を作ろう!の巻。その1

    今期から自治会の隣組長となるため、書類が増えます。ともにょは整理整頓が苦手なので、磁石がくっつく黒板をつくって台所に設置しよう!と我が家のデザイナーが提案してくれました。

    さっそく桜を見ながらホームセンターで板を買ってきました。NONJASのもので、1枚1000円くらいでした。ホームセンターの裁断機で切ってもらいました。

    f:id:casaranew3:20160405165312j:plain

    薄い板が反らないように、添え木をあてます。この状態ではまだくっついていません。

    f:id:casaranew3:20160405165322j:plain

    添え木と棚板をくっつけて使うため、どちらもBEHANDLAを塗装します。

    これを塗ることで、木の中に余分な水分が入っていかないようにします。

    f:id:casaranew3:20160405165345j:plain

    BEHANDLAは何度か乾かしながら重ねて塗ります。

    f:id:casaranew3:20160405165403j:plain

    棚板と添え木を木工用ボンドでくっつけます。

    f:id:casaranew3:20160405165427j:plain

    我が家にあるカラックスで押さえ、圧着~。

    f:id:casaranew3:20160405165450j:plain

    乾いたらまっすぐくっつきました。

    f:id:casaranew3:20160405165510j:plain

    合板にはこんなかんじであてるつもりです。

    f:id:casaranew3:20160405165541j:plain

    合板にもBEHANDLAを塗ります。

    f:id:casaranew3:20160405165616j:plain

    がさがさしていてよく吸い込みます。なんども重ねて塗ります。

    f:id:casaranew3:20160405165638j:plain

    黒板部分とそうでない部分の境目に棚板をあてます。その目印です。

    f:id:casaranew3:20160405165654j:plain

    使用前はよく振って塗ります。静かに置いていたら、すぐ分離しますので・・・。

    f:id:casaranew3:20160405165756j:plain

    くっつけた棚板と添え木にさらにBEHANDLAを塗ります。

     

    f:id:casaranew3:20160405165826j:plain

    床には、チラシを敷いて、液が飛ばないように気をつけます。

    f:id:casaranew3:20160405165855j:plain

    棚板と添え木が離れないよう、こんどはネジで固定します。木工用ボンドは仮留めです。

    f:id:casaranew3:20160405170844j:plain

    じゃーん。これの出番です。本当よく活躍してくれます!

    f:id:casaranew3:20160405170938j:plain

    こんな感じで・・・

    f:id:casaranew3:20160405171023j:plain

    ねじこみます。この棚板にはコルクを敷き、鍵や印鑑を一時的に置いたときに滑らないようにします。

    さて、本体の大きな板のBEHANDLAが乾いたら、いよいよマグネットペイントと黒板です!

     

    続きはこちら↓