読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

にょ!

大相撲、カメラ、音楽、旅、暮らしなど。奇数月は 相撲ネタ多め。

    いつの世までも末永く・・・「ミンサー織り」

    f:id:casaranew3:20170506075550j:plain

    ここで公開するのは ちょっと恥ずかしいのですが、この指輪とても気に入っています。夫も含めた家族旅行で沖縄に行ったのを機会に、沖縄をすごく好きになり、去年 結婚指輪に これをプレゼントしてもらいました。沖縄のミンサー織りの柄です。

    以下はWikiより引用。

    ミンサー織り(ミンサーおり)は、沖縄の伝統的な織物の一つである。素材は木綿で、たて畝織りにする。厚みがあって素朴な風合い。産地は読谷山・首里八重山諸島与那国島で、それぞれ特徴がある。強靭で男物の帯に使うが、近年では女物の帯にも使われ、装飾品としての用途も広がっている。

    かつて通い婚の風習があった時代に、想いを込めて、女性から男性に対して贈ったのがこのミンサーだと言われている。柄の特徴として、五つの■が「いつの」を表し、四つの■が「世」を意味する。短い横縞を連続させる「ヤシラミ(ムカデの足)」柄は、「足しげく」にちなむ。よって
    「いつの世までも、足しげく私の元に通ってください」
    という意味があった。藍を何度も重ねて染めることから、「愛を重ねて」という意味も含まれると言われている。

    ミンサー織りを伝統工芸品として知ったときに、 素敵だなぁと思いました。

    世の中にはたくさん素敵な指輪がありますし、素材や値段、デザインもさまざまですが、こうやって思い出のよみがえる、優しい気持ちになれる指輪っていいなぁって思います。

    余談ですが、夫はルートビアのファンになり 輸入雑貨店や酒屋さんで見かけては買い込んでいます!これ!

    f:id:casaranew3:20170506082302j:plain

    私は苦手ー!

    他にこんな記事も書いています