読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

にょ!

大相撲、カメラ、音楽、旅、暮らしなど。奇数月は 相撲ネタ多め。

    大分と熊本の温泉郷で 聞いた閑古鳥の声

    こんにちは、ともにょです。

    1泊2日で、大分県九重町と、熊本県小国町へ行ってきました。

    f:id:casaranew3:20160515190456j:plain

    新緑の季節ですね。眩しいです。みどりがキラキラ・・・!

    f:id:casaranew3:20160515190539j:plain

    途中、立ち寄った伐株山(きりかぶやま)

    f:id:casaranew3:20160515185618j:plain

    伐株山の鯉のぼり

    大分・熊本行きの決定

    2ヶ月以上前から予定していました。地震の影響もあり、大丈夫かな?とも思いましたが、行ってみましたよ。車の中から見えた、一面 緑の景色。

    f:id:casaranew3:20160515185723j:plain

    宿までの寄り道

    途中、小松地獄に寄って、卵を蒸しました。

    f:id:casaranew3:20160515190111j:plain

    硫黄のにおいが立ち込めていますので、ここでオナラしてもばれませんね。(コラ)

    f:id:casaranew3:20160515190200j:plain

    蒸す場所は手前と奥の2ヶ所あります。私たちは奥の蒸し場で蒸しました。

    f:id:casaranew3:20160515190317j:plain

    備え付けのザルで蒸しました。美味しかった!

     宿に到着

    お宿は、大分県玖珠郡九重町大字湯坪にあります、民宿なか さんです。

    ここは湯坪の集落にある、民宿の密集地です。

    f:id:casaranew3:20160515185540j:plain

    我々は、離れに宿泊しました。部屋の目の前にお風呂があり、民宿の敷地内にもいくつもお風呂がありますので、いろんなお風呂に何回でも入れます。

    f:id:casaranew3:20160515185808j:plain

    f:id:casaranew3:20160515185844j:plain

    こっちは本館です。食事はこちらでいただきました。

     宿の感想・印象

    f:id:casaranew3:20160515190641j:plain

    こっちが離れ。奥にもうひとつ離れがあります。

    私たちは「すずらん」の部屋に泊まりました。

    f:id:casaranew3:20160515190938j:plain

    こんな感じ。新しいです。

    f:id:casaranew3:20160515190829j:plain

    f:id:casaranew3:20160515190858j:plain

    f:id:casaranew3:20160515191112j:plain

    f:id:casaranew3:20160515194328j:plain

    ウェルカムドリンクならぬ、ウェルカムよもぎまんじゅう!!

    素朴な あんこ入りよもぎまんじゅうです。手作りです。焼きたてでアツアツ、おいしかった・・・チェックイン時が15時頃だったので、小腹が空いていました。嬉しいですね。

    f:id:casaranew3:20160515191147j:plain

    お部屋の目の前にあるお風呂。

    あとは敷地内に大きなお風呂がほかにもあります。

    宿の周辺を歩くとこんな感じでした。

    f:id:casaranew3:20160515191409j:plain

    f:id:casaranew3:20160515191456j:plain

    f:id:casaranew3:20160515191336j:plain

    f:id:casaranew3:20160515191538j:plain

    f:id:casaranew3:20160515191607j:plain

    風情がありますね。どの田舎もこんな感じだったのではないでしょうか。寅さんがいそうですね。静かにしていると、温泉の湧き出る音と、川の流れる音と、小鳥のさえずりが響いていて、澄んだ気持ちになれます。

    f:id:casaranew3:20160515191717j:plain

    宿でもちゃっかり相撲は見ました。

    夕食時にさえずった閑古鳥。でも季節のお料理はとってもおいしかった。

    結びの一番が終わったら、本館で夕食のお時間です。

    広いお座敷で準備されていたのは、私たちのお膳だけ。泊り客は私たちだけだったのです。地震の影響や自粛などで、団体のキャンセルが深刻なようで、他のお宿にもほとんどお客さんがいないそうです。5月の週末の土曜夜にお客さんがいなかったら、平日はもっといないでしょう。確かに崩れているとこもあるでしょうし、自然災害なので仕方がないのですが。季節が良くて、新緑が すばらしいだけに残念ですね。

    気を取り直して、お夕飯です。

    f:id:casaranew3:20160515191757j:plain

    f:id:casaranew3:20160515191859j:plain

    山菜の天ぷら、こごみとかイタドリとか。季節のものですね。

    f:id:casaranew3:20160515192025j:plain

    ローストビーフ(画像に収める前に ちょっと箸をつけてしまいました)。

    f:id:casaranew3:20160515192129j:plain

    おそば

    f:id:casaranew3:20160515192210j:plain

    おいもを練って焼いて餡をかけたもの。おいしかったです。

    f:id:casaranew3:20160515192312j:plain

    そば粉のお団子が入ったお吸い物とか、たけのこの 味ごはんとか。やはり季節のものですね。このほかも、小さな鍋のお野菜などを頂きました。

    デザートはパンナコッタのイチゴジャム乗せでした。もちろんパンナコッタもジャムも手作りです。 おご馳走さまでした!

    1日目を締めくくる花火

    f:id:casaranew3:20160515192534j:plain

    たまたま 近くの集落で上がっていた花火です。きれいでした^^

    被害は深刻ですが、宿もお風呂も花火も、貸切状態でなんだか贅沢だなぁと思いました。

     ↓2日目に続く。